>

ネット集客さえクリアすれば成功はあなたの手に!

「ペルソナ」をより具体的に設定する!

「ペルソナ」という言葉を初めて耳にする方もいらっしゃるかもしれませんが、「ペルソナ」とは商品やサービスを売ろうとしている対象の人物像になります。
それは具体的に設定する方がより効果的になります。

名前、性別、年代、住んでいる場所、職業、役職、年収、趣味、家族構成、休みやライフスタイルなどはどうしているなど、対象の人物像をより具体的に設定していく方が良いと言われています。その方が、ユーザーの立場にたった情報を的確に提供できるようになるので、対象者の購買率に直結していきます。
そうなると、時間やコストの削減にもつながるので一石二鳥ですね。

より具体的に「ペルソナ」を設定することで「集客」アップになります。

ターゲットは絞る方が正解!

ついついネットビジネスの初心者が陥りやすい事象が、商品やサービスを売る対象を広く浅くとらえることです。
それは、広く浅くの人を対象とした方が、必然的に買ってくれる人の割合が多くなるから、と勘違いしているのです。

ここがネットビジネスの基本と言えることですが、人は多くの対象の内の1人と思ってしまったら、話を聞く体制になりません。
人は、「これ自分に言っていることかな」と対象が自分自身であると気づいたときには、そこで初めて話を聞く体制になるのです。

その対象者に話しかけるように、あたかもあなたにだけ話していますよという感覚で話かけることが大切なのです。
セールスレターなどもそうですが、相手に話しかけるというスタイルは覚えておきたい部分ですね。


この記事をシェアする